ネックレスをプレゼントする方法|選び方を伝授

首回りのおしゃれ

TPOに合わせて

アクセサリー

ネックレスの歴史は古いといわれています。もともとおしゃれのために着用していたわけではなく、身分を証明したり、占いに使われたりといった目的で使用されていたといわれています。日本でも、聖徳太子が勾玉をしていたように、古くから権力の象徴やお守りのような形で使われていました。近年はおしゃれを楽しむアクセサリーとして使用されています。アクセサリーとして人気がでたのは昭和に入ってからです。アクセサリーとしての歴史は浅いといえます。ネックレスは、首にかける部分自体が装飾品となっているものを指しています。チェーンの先にペンダントトップが付いているものをペンダントといい、厳密には違いがありますが、首に飾るものをネックレスとすることも多いです。ネックレスを着用するときには、TPOに合わせてデザインを選ぶようにしましょう。例えば、結婚式などの華やかな場所に出向くときには、パールのネックレスや貴金属のネックレスがおすすめです。パールは公式な場所に適しているアクセサリーなので、ひとつ手持ちを揃えておくとよいです。また、仕事場では、目立ちすぎないものを選びましょう。品の良さが見えるシンプルなデザインがおすすめです。プライベートにおいては、自由に選ぶことができますが、レストランで食事をする場合と、アウトドアな場所に出向く場合ではファッションも異なります。ネックレスなどのアクセサリーも、出かける場所によってコーディネートするようにしましょう。

様々な状況で活用できる

女の人

黒や紺色などの濃いタイプのニットとしっくりくるネックレスは、オーソドックスなパールです。パールは、結婚式やパーティーなどフォーマルな場所は勿論のこと、カジュアルな洋服にも絶妙なアクセントとして活用できます。最近では本物のパール以外にも、コットンパールというネックレスもあります。そのため、より軽快にリーズナブルな価格で入手可能となっています。大きいサイズのパールネックレスは、地味なワンピースを流行のスタイルにアレンジしてくれます。また、大きいサイズは存在感も特別です。フォーマルな場面は当然として、カジュアルな状況でも利用できます。控え目なカジュアルファッションに大きいサイズのパールネックレスを取り入れると、大人のイメージを与えてくれます。小さなサイズのパールは、控え目なニットを女性らしく演出する効果があります。また、本物の真珠と10kのイエローゴールドを合わせたネックレスは、控え目なのにオリジナリティーを出せます。シンプルな装いを、ハイグレードな印象に見せる効果もあります。首が詰まったトップスにおいても、ネックレスを活用することで、首元をスマートに見せる演出ができます。パールのロングタイプのネックレスは、会社での服装にも相性が良いです。このネックレスは、肌色も素敵に映り、顔の印象も華やかになります。また、パールを重ねて、付け襟にするアレンジもできます。このアレンジによって、シンプルな服が華やかな印象に変化する効果があります。

体型や肌に合わせた選択

ウーマン

身につけるアクセサリーの中にはファッションの効果を高めるだけでなく、衣服ではカバーしきれないスタイルの欠点まで改善してくれる例も少なくありません。襟元にアクセントを添える装身具として女性に多く利用され、男性の中にも身につける人が増えているネックレスはその代表的な例です。相手に対して知らず知らずのうちに好印象を与えてくれるような効果を得るには、自分に合ったネックレスを選ぶことが欠かせません。ネックレスには非常に多くの製品が存在しますが、それらは長さによって大きく5種類に分けられ、それぞれに呼び名が与えられています。最も短いチョーカーは35cmから40cmの長さが目安で、次に短いプリンセスは約40cmから45cmという長さの製品群です。55cm前後のマチネまでは比較的短いタイプの製品ですが、オペラと呼ばれるタイプは80cm前後、ロープと呼ばれるタイプは100cmを上回ります。比較的短いネックレスを選ぶ際には、首が細くて長めの人はチョーカーを、首が太めで短い人はプリンセスかマチネを選ぶのが無難です。小柄な人は短めのネックレスを選ぶことでバランスが取れるのに比べ、長身の人はロングタイプも選択肢に入ります。ネックレスを選ぶ際には以上のような体型ばかりでなく、肌の色も考慮した製品を選ぶことで相手に与える印象も違ってくるものです。一般にゴールド系のネックレスは小麦色の肌をした人によく似合うと言われており、ゴールドの華やかな輝きが黄色ベースの肌を引き立ててくれます。色白の肌を持つ人にはシルバー系のネックレスがマッチするもので、肌の明るい色合いとシルバーの輝きが調和します。体型や肌の色を基準として自分に合ったタイプを絞り込んだ中から、デザインを吟味するのがネックレス選びに失敗しないコツです。こうした基本を押さえておけば、服装や活用シーンに合わせたデザインのネックレスを選ぶのも楽しくなります。